旅の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 三陸海岸(陸中海岸)

<<   作成日時 : 2006/05/02 14:45  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 5

画像


弘前や角館への桜ツアーの中に三陸海岸を訪れるという日程が入っている。桜は、この冬(2006年)の寒波の影響からだろうか、未だ蕾状態の桜を観る事になってしまった。三陸海岸は、一度は訪ねてみたいと思っていた所であり、期待した所でもあった。とはいえ、ツアーに組まれたのは、半日強の移動であるから、ほんの僅かな三陸海岸の中でも陸中海岸を通過した感じではあるが、思い出となる三陸であった。

田老へ
ツアーは、東京から東北新幹線で仙台まで行き、その後は、バスで北上展勝地、そして盛岡を経由し、北上山地を越え三陸海岸の田老までが初日のコースであった。盛岡から国道106号線を東に向かい宮古を目指す。その間に北上山地が横たわり、内陸からの交通を遮断してしまう感じである。今は、整備された道をひたすら走る事で、目的に容易に到着できる。この国道に沿うように走るJR山田線も並行している。北上山地に進むと、未だ残雪も多く、木々の芽吹きもまだまだといった裸木の山並が続いている。それでも眼をこらすと道路脇などにフキノトウなどが芽を出し、初春の息吹を感じさせてくれるし、眼下の清流では雪解け水による早い流れの川を見ることも出来る。区界(くざかい)峠を越えるとそれまでの山間をぬうように走っていた車窓が、広々とした高原の景色に変ってくるのも面白い。何でも高原野菜の山地として有名であるという。バスは、宮古に向かい北上山地を下っていく。やがて宮古の町並みを抜け、今夜の宿泊先である田老へ45号線を北上。7時前には宿に着く。
翌朝、田老の漁港まで散策してみる。
画像

画像

目に付くのは、海岸線と町を仕切る巨大な防潮堤である。ここ田老は、明治29年6月、そして昭和8年3月に大きな津波に襲われ、甚大な被害がもたらされた地であり、明治の津波では、何と1875人、そして昭和の津波では972人という大勢の方が犠牲になっている。リアス式海岸である三陸は、それだけ津波の高さも余計増幅されるという事もあり、数十メートルの高さにもなるという。この津波対策として戦前から戦後にかけ防潮堤が築かれ、町と漁港を隔て町から海が望めないという光景を作り出している。町に住む人によっては、何時起るか分からない津波と共に生活している事の不安さがどのようなものか、通過するだけの身にとって十分には感じられない。そんな地であるが、今日も、漁港では船出の準備や魚市場の準備をする人など、普通の漁港姿を見ることが出来る。これらの光景を見ていると、そんな津波の事を忘れてしまうが、振り返れば延々と続く防潮堤が、現実を知らせる。
画像


浄土ヶ浜

画像

田老を後にして、宮古方向に一端戻り、浄土ヶ浜に向かう。三陸海岸は、気仙沼から久慈くらいまでを云うが、宮古から北の海岸は隆起した地帯であり、高さ50〜200mに及ぶ断崖と岩礁が連続する地であるが、浄土ヶ浜は、典型的なリアス式海岸で小さな湾に海蝕された白い石英祖面石がノコギリ状に海面へ突き出ている。天和3年(1683)、僧侶・霊鏡が「さながら極楽浄土のようだ」と驚嘆したといういう謂れからこの名がついたと言うように、湾内の波も静かで、実に穏やかな景観をかもし出している。海辺では、岩のりであろうか採取する人の姿も見える。ここで、浄土ケ浜巡りの遊覧船に乗り、海上から景観を楽しむ。

画像画像


画像画像



遊覧船には幾組かのツアー客が乗り込み、初めは階上デッキで楽しんでいたが、その後洋上に出て冷たい海風にあたり身体が冷えて来たこともあり、殆どの客が船内へと移動した。船にそってウミネコが群れをなし飛んでくる。客が与える餌が目的であるが、中には指を噛まれる人も出てきたりする。このような海鳥に餌を与えることの観光化も良く観られる光景ではあるが、どんなものだろうかと思ってしまう。静かな湾内から出ると波も高くなり、船の揺れも大きくなってくる。あわせて外洋から見る陸中海岸の断崖が見えてくる。潮吹き穴と呼ばれる岩からはさほど高くはない潮吹きが見られたり、ローソクのような岩などの奇岩が楽しめる。そんな断崖が続く中に小さな入り江がある。
画像画像



北山崎
画像


浄土ヶ浜から再び45号線を北上し、北山崎の景勝地に向かう。シーサイドラインといったイメージの路ではなく、丘陵地帯を走る路のように思える。断崖の地であるから、海を横にみるという感じにはならないのも致し方ないかもしれない。その文観光道路としてはマイナスイメージになってしまうだろう。北山崎の景観は、約200mに渡って断崖が屏風のように連なっている。この北山崎も船から望む事が出来るらしいが、今回はそこまでのオプションはない。海上からの光景も又違った迫力があるだろう。

三陸鉄道
画像

北山崎から程近くに三陸鉄道の譜代駅がある。そこから久慈駅までの三陸鉄道北リアス線での鉄道の旅となる。2両編成の短い車両には、殆ど乗客はおらず、我々ツアー客で占領してしまった感じとなる。この鉄道も道路と同じで、海沿いを走っている感じはなく、トンネルの連続だが、数度海が見渡せる所を通過する。我々ツアー客がいる事もあるのか、車掌からそのような所では案内のアナウンスが流れる。30分程度の短い時間ではあるが、バスばかりで移動していた身には、海を見る頻度は少ないものの楽しめた一時であった。
画像


こうして、僅かな時間の三陸・陸中の旅が終わり、我々は、十和田湖を目指すため再びバスに乗車した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
楽なバイトみっけたから仕事やめまつ('A`)マンドクセ
テキトーにヤっただけで10マソ振り込まれてきた。。マヂでびびったわぁ(゜д゜)ウマー ...続きを見る
辞表
2008/02/05 17:13
負けても勝ち組w
てぃん☆てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw ...続きを見る
ドンパッチ
2008/02/15 18:23
うはwww
3UYl5nmV副業がてら始めたのに、3回ヤっただけでもう本業超えたんだけどwwマジメに仕事してんのバカらしくなってきた(´・ω・`) http://bootan-r.net/umaa/3UYl5nmV/3UYl5nmV.html ...続きを見る
仕事やめておk?
2008/02/21 17:50
ワロたけど気持ちいかったw
9GG925CV イカリングにロー○。ン付けてシゴかれるなんて初めての経験をしてしまったw http://a-linker.net/doll/9GG925CV/9GG925CV.html ...続きを見る
イカリングぷれい
2008/03/05 17:17
'`,、('∀`) '`,、
URerMAMG 面倒すぎてネトゲしながらヌいてもらいますたw それでも4マンくれたょーヽ( ・∀・) これの同盟作ろうかなww http://afe4.net/pre/URerMAMG/URerMAMG.html ...続きを見る
ネトゲ厨
2008/03/20 17:25
qLw45C0A助かりまくり!
qLw45C0A 旅行に行った時についでにヤって¥7OOOOもらったww 旅費が浮くどころか遊びまくったよヽ( ・∀・)ノ http://houkei.yycola.net/gyaku/qLw45C0A/qLw45C0A.html ...続きを見る
qLw45C0A猫背
2008/03/27 17:35
下のお口からグチョグチョのアレがwww
オナ見だけの予定だったけど、ちゃっかり最後までフィニッシュwwww だって下のお口がツユダクだったんだから挿れるしかないっしょヽ(゜∀゜)ノ 指マ&栗攻め→イラ魔チォ→騎乗→ナカ出シ の黄金パターンでガッツリ楽しんできますたぁぁあぁヽ(´ー`)ノ ...続きを見る
虎とら
2008/09/06 18:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
女の子のオ●ニーをじっくり見たのはじめて(;゜∀゜)=3
彼女いわくオ●ニーにも前戯があるらしく、最初はナスビ入れてたよwwww
やっとバイブ使ったと思ったら一瞬で死ぬほど潮吹いてるしΣ(´Д` )ナンジャソリャ
見てるだけで6マンはウマかったわぁ(゜Д゜)y─┛~~
http://jazzye.net/nasukko/NUS75Hbs
マサマサ
2008/06/15 01:08
bqgrnupnmjgf.usjq, <a href="http://www.ojxjzqzzgq.com/">sikgqtjcnl</a>
wzuobyfxfw
2014/01/27 17:41
kzaicupnmjgf.usjq, http://www.twvqrsnvxq.com/ szgqeskhit
pakybehtmu
2014/01/29 03:43
iowgsupnmjgf.usjq, <a href="http://www.xucqswsvjb.com/">jrbslsevny</a>
xrozksckkt
2014/09/28 09:34
zrpiyupnmjgf.usjq, http://www.pwmewyudxe.com/ bebyclxeqi
vtpffmjilq
2014/10/01 22:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
三陸海岸(陸中海岸) 旅の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる